詐欺 フェイスブック

フェイスブックを利用した詐欺の事例|被害に遭わない心構え

TOP > フェイスブックを利用した詐欺の事例|被害に遭わない心構え

フェイスブックを利用した詐欺の事例|被害に遭わない心構え

ミクシーが登場したあたりから
日本でもSNSという概念が広まり、
現在はネットといったらSNSというくらい
世の中に浸透してきています。

昔と比べて人との関り合いが減っていると
よくいわれますが本能的にはどんなに文明が
発達しても繋がっていたい願望があるものだと
思わせる発展ぶりだと思います。

ただそれを悪用する輩が存在するので、
常に一定の注意が必要となるのは言うまでもありません。

最近で言うとフェイスブックを利用して
詐欺を企む者がいるので警戒は解かないようにしましょう。

実際に起きた事件ではこんなものがあります。

占い講座で100万円をだまし取られたというもの。

どういうことかというと、
ある悪徳業者が起業を考えている若者に
フェイスブック上で知り合い、
その後意味不明な講座代を支払わせるという詐欺です。

まず業者は友だち申請をしてターゲットと接触し、
起業や人脈に役立つ会合があるなどと誘って
個別に面会して受講を勧めるという手口です。

会った当日に業者の男は他の起業を目指す仲間がいるといい
ボーリング大会に誘って上司?を連れてきます。

そして占いで人を見る目が養えるとか
他の人を誘えば6万渡すなどと100万円の
占い講座を薦めてきたといいます。

男性は一度断りはしたもののお金を多く動かすほど
経営者の器が決まるなどと強引に押し切って契約させられ、
消費者金融で借りた金をその場で渡してしまったそうでうす

他の事例ではカフェに呼ばれて勧誘を受け、
裏切るのかなどと強気に迫られて取られた、
という男性もいます。

その日の夜にファミレスで講座が開かれたものの
とても役に立たないと思いすぐに
クーリングオフしたがお金は戻らず。

同じような被害を受けた人は少なくとも14人に上るそうです。

事件は福岡県で起きましたが、
今後は他県でも起こりうることなので注意したいものです。

最近の犯罪者は無駄に賢いのでやっかいです。

基本的にずる賢い者は人の弱みや志など
心に訴えかけてくるので、常に強気な精神も
養っておく必要があります。

まずそんな高額なお金を要求してきた時点で
おかしいと思うことは基本として、強引に勧誘してきたら
まずふつうではないと思って何を言われても
きっぱり断れる力も必要です。

フェイスブックに限らずネットは便利で楽しいですが
危険性も山ほど潜んでいるので、メリットだけでなく
デメリットな面も積極的に学ぶことをおすすめします。

たまにニュースで報道されることもありますが
どちらかというと技術が進歩してますます便利に!
という情報のほうが多いので油断しがちになると思います。

メニュー